« きょうのうどん | トップページ | 天然ボケくんが実はすごい^^ »

不妊治療補助が福利厚生の一つになる時代

asahi.comで「キヤノン、不妊治療費100万円補助」という記事を見ました。

  高額な費用と時間がかかる不妊治療を受ける社員とその配偶者に対し、キヤノンが通算で最大100万円の補助や、治療期間をすべて休暇にできる制度を4月に導入する。不妊治療支援制度が電機業界で広がるのには、手厚い福利厚生で優秀な社員を囲い込む狙いがありそうだ。

 キヤノンは、保険の適用外となる体外受精や顕微授精、人工授精を受ける社員とその配偶者を対象に、100万円を上限に治療費の半額分を負担する。女性社員には治療に必要なだけ休暇も認め、妊娠が確認できた時点で出産休暇に入れるようにする。NECも年20万円を上限に通算5年間で最大100万円の補助を10月にも始める。

 厚生労働省によると、不妊治療を受けている人は02年度推計で約46万人で、1人あたりの治療費は年200万円前後と高額だ。電機連合は昨春闘で不妊治療休暇・休職制度の新設を統一要求に掲げ、労使合意が相次ぐ。

 松下電器産業は昨年4月、治療を理由に最長1年休業できる制度を導入。シャープも独自に最大500万円の低利融資制度を新設した。ただ、女性を中心に「職場に知られる」との懸念は根強い。治療は連日の通院となり、長期間かかることも珍しくないからだ。

 これに対し、NECは「補助だと上司の承認がいらず、よりプライバシーに配慮できる」と説明する。

そんな時代がやってきたのですね。
私が心を動かされるのは休暇制度の方です。有給休暇の残り日数とにらめっこしなくても済むわけだから、不妊治療のための休暇があれば本当に助かります。治療費だって半額でも補助してもらえれば、ありがたいですよね。
ていうか、昨年の春闘ですでにそんな話題が出ていたとは、知りませんでした。(昨年の春はまだ不妊治療とは格闘していなかったからかなぁ^^;)

もっともこの記事にあるように、「職場に知られる」ことを懸念して、この制度を活用したくてもできない人も少なくないだろうとは思うけど。

 

で、私がこの記事を見て最初に思ったのは「休暇ほしいな」でも「治療費の補助があったらいいな」でもなく、「大手電機メーカーも『手厚い福利厚生で優秀な社員を囲い込む』時代がやってきたのか」でした。
教育再生会議で教員採用の2割程度を社会人枠にという話が出たらしい(実際の提言はこちら。本文の13ページにある)けど、こんな時代に社会人枠を設けても、ろくな人は集まりませんよ・・・。
「引き止められて企業にとどまるような人材は教育界に要らない!」と言えるほど、教育界の人材は潤沢ではありません。そもそも優秀な人は、どんな仕事をやらせてもその仕事の面白さを理解してしまうことが多いので、今まで教育界に流れてきていた優秀な人材まで、民間企業に取られかねません。

「民間企業に勤める」→「優秀な人材は企業に引き止められる」→「優秀ではない人だけ教員採用試験に集まる」→「2割の枠があるので採用されてしまう」→「今よりも教員の質が落ちる」

私たちが必死の思いで不妊治療をしても、その先で待っているのは、今より質の落ちた先生たちのいる学校なのかもしれません。

おそろしい。

 (こんな記事を見つけました。こっちがまともだと思うのは世間からずれてるから?)

|

« きょうのうどん | トップページ | 天然ボケくんが実はすごい^^ »

不妊治療」カテゴリの記事

教師のシゴト」カテゴリの記事

コメント

知らなかった記事だったので、興味深く読ませていただきました。
私は、キャノンの方針で「いいね」って思ったのは、妊娠が確認したら出産休暇に入れるってところでした。
私の友達で助産師がいるのですが、働いてた頃の経験からいろいろアドバイスをくれるんですが、不妊治療していた妊婦さんの多くは切迫流産や早産になる可能性が高いんですって。彼女曰く、「妊娠しづらい人は妊娠に対して拒否反応を起こしやすい」んですって。だから、安定期に入るまで入院したり、出産前1~2ヶ月間入院したり、ひどい人になると妊娠期間ほとんど入院したりしなくちゃ出産までたどり着けない人もいるらしいです。それに、この妊娠が最後のチャンスって人も多いから、先生も慎重にならざるを得ないって感じらしいです。
そうなったとき、妊娠が確認できて入院が必要と言われても会社があるから…と安心して休めないんじゃ、つらいですものね。
なので、補助金も含めていい制度だなって思いました。
企業も頑張っているんだから、国も頑張ってほしいものです。

長くなって申し訳ないのですが、教師のお話は確かに神奈川の県教育長がおっしゃってる通り、今の先生達が働きやすい環境を作ることが先決のような気がします。

投稿: みゅぅ | 2007年2月19日 (月) 11時52分

みゅぅさんへ
我が校はまさに「不妊治療→切迫流産」のラッシュだったので、みゅぅさんのお友達が言われていること、とってもよくわかります。
私に不妊治療を勧めてくれた人も、切迫流産で即入院になり、ある日突然学校からいなくなりました。病院から「仕事どうしよう;;」と電話があったそうで、管理職が「とにかく今は体のことだけを考えておきなさい」と返したそうです。
男性の同僚も、体外受精成功の後に妻が切迫流産になり、仕事を休む日々が続きました。
あともう一人の女性は双子を妊娠したけど、切迫流産の後、結局一人はダメだったそうです。
働けさえすれば、治療費の方はあとで稼げるんだから、きちんとした休暇制度があるといいなぁ〜って思います。でもまだまだ公務員バッシングは続くので、夢のまた夢ですね。

投稿: ネル | 2007年2月19日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きょうのうどん | トップページ | 天然ボケくんが実はすごい^^ »