« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

今日のお昼ごはん

20100217lunch1今日のお昼ごはんは、主食になるものが何もなかったので、圧力鍋で豆ご飯を炊いてみました。
ついでに、蒸し器でゴボウを蒸しました。

【枝豆ご飯】
1.ご飯1合をといで、ざるに上げる。
2.昆布5cmを水で戻す。
3.1、2の昆布、昆布の戻し汁180mL、冷凍むき枝豆を鍋にセットする。
4.圧力鍋で5分加圧し、その後10分間むらす。
5.昆布を除いて、ざっくり混ぜる。

【酢ゴボウ】
1.ゴボウ小1本をよく洗い、皮をこそげ落とし、3cm長に切って水にさらす。
2.圧力鍋の蒸し器に入れ、5分加圧し、その後自然放冷する(今回は10分間放置)。
3.酢・砂糖大さじ各1、薄口醤油小さじ2、すりごま適量と、蒸したゴボウを和える。

枝豆ご飯の4と、酢ゴボウの2を同時にしました。
一般的な圧力鍋だと、高圧で3分加圧で十分だと思います。
私のは初心者向けのもの(ティファール クリプソプルミエ)で、低圧しかできないので、5分加圧にしています。

近所のスーパーでグリンピースが売られていなくて、仕方なく枝豆を使ったのですが、甘みが出てすごく良かったです。
息子は、ご飯の中にかくしておいた豆はパクパク食べました。
目に付いたものはダメでしたが。
それから、圧力鍋で蒸したゴボウが、思った以上にやわらかくなっていて、私にはヒットでした。
もちろん、息子は食べませんでしたがw

ちなみに、写真上は唐揚げです。
月曜日に小田真規子さんの『つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当』という本を買ったので、その中から何点か作ってみたのですが、そのうちの一つです。
みゅぅさんが前の日に作ったものをお弁当箱に詰めているとコメントされていたので、その方が良いなぁと思っていたところ、この本を見つけました。
本当は、同じコンセプトの別の本を買うつもりだったのですが、こちらの方が使えそうな気がしたので、こちらにしました。
この本も、私の中では大ヒットです。
作りおきにしておいて、昼ごはんにもなるので、すごく重宝しています。
また、作ったものを紹介しますね。

| | コメント (4)

全粒粉レーズンパン

20100217bread1今日は料理三昧の一日でした。

その中でも、一番やりたかったのがこれ。
全粒粉入りパンづくりでした。
本には、くるみ入りのレシピが紹介されていたのですが、息子にはまだナッツ類を食べさせていないので、レーズンにしました。

基本のパンでは、強力粉250g+薄力粉50gで作りましたが、今回の全粒粉入りパンでは、強力粉200g+全粒粉100gで作りました。
やってみると、こっちの方が生地がまとまりやすかったです。
たまたま、そういう条件だったのかもしれませんが。
10分もこねていると、すごく弾力が出てきて、すごく力が必要でした。
その代わり、キメが細かくてふわふわのパンが焼き上がりました。
今まで作った中では一番美味しかったと思います。
基本のパンも、今日のパンみたいになるまで、もっとこねた方が良いんだなぁって思いました。

旦那さんは、「美味しいじゃん!」って言ってくれました。
息子は、手に取って「おいしい」と言い、そのまま返してくれましたw
息子の「おいしい」くらい、あてにならないものはありません。

| | コメント (2)

初めての手作りバレンタイン

20100214choco1 なんと私、生まれて初めてバレンタインデーのお菓子を手作りしましたよ。
チョコレートに小麦粉と片栗粉を混ぜて、オーブンで焼くだけの簡単なお菓子だったけど、出来たことでとっても満足!
形が歪になったのは、この際、気にしないw
本当はラッピングとかも考えれば良かったのだけど、作っただけでそのまま旦那さん&息子に出しちゃいました。
息子は、自分が食べるものという認識には至らなかったらしく、全く口をつけてくれませんでした・・・。
悲しむ私を不憫に思ったのか、旦那さんは一気に全部食べてくれました。
だからかなぁ、今、ちょっと体調が悪いみたいです・・・。

来年は、ちゃんとラッピングもメッセージカードも用意して、渡せるように頑張りたいと思います。

ちなみに、旦那さんは12日にシュークリームを買って帰ってくれました。
めちゃめちゃおいしかった!
こういう気遣いができるのが、うちの旦那さんです。
見習わないと。

| | コメント (2)

えーっと

今日、息子の口から新しい言葉が飛び出しました。
「えーっと」
誰の真似ですか?!
あまりにハッキリと、ちゃんとした場面で使うので、笑っちゃいました。
お父さんの真似よ、と旦那さんには言ったものの、よく考えたら私のような・・・。
まっ、どっちでもいいんですけどね。

昨日も言葉の話を書きましたが、今日、改めて息子の言うことを聞いてみると、まだ書き落としていたものがいくつかありました。

「おいしそう」「おいしい。おいしいよぉ」「おいしかった」は、食べ物を見たらとりあえず言います。
でも本当に食べるかどうかは別です。
また、本に載っている食べ物のイラストや写真を見た時も言います。どちらかというと、私たちに「おいしい」という言葉を教えてくれてる感じで、語りかけるように言いますw

「アンパン(マン)」は、アンパンマンに出てくるキャラクター全般を指すようです。
食パンマンもドキンちゃんもすべて「アンパン(マン)」です。

「な、な、ばあっ」は、いわゆる「いないいないばあ」をするときに言ってくれます。
「ばあっ」だけだと、息子が一番好きなNHKの子ども番組「いないいないばぁ!」のことです。

「てんてぃん」は、ペンギンのことです。
テレビにペンギンが登場すると、ピョンピョン跳ねながら、「てんてぃん!」と叫んでます。

「(おし)まーい」は、ずっと何を言ってるのか分かりませんでした。
子ども番組のビデオが終わったあと、「まーみ。まーみ」と言うなぁと思っていたのですが、それが「おしまい」だと気づいたのは、つい最近のことです。
こうやって挙げてみると、いろいろ言ってますね。

最近は、こちらが「開けて」「閉めて」と言えば分かるので、たいへん助かっています。
ちょっと手が離せない時に「そのドア閉めて」と言うと、ちゃんと閉めてくれます。
少しずつできること、分かることが増えてきて、お手伝いができそうな感じです。
えーっとw、そういえば今日は洗濯物をしまう手伝いをしてくれました。
私たちがたたんだものを、息子が持っていってくれました。
入れた位置はデタラメでしたが、ちゃんと引き出しを開けて、しまって、閉めてをやってほめられたら、とても嬉しそうにしていました。
ずいぶん、人間らしくなりました。

| | コメント (2)

1歳11ヶ月(23ヶ月)

息子が、昨日で23ヶ月を迎えました!
某国では、1歳台は通算の月齢で言っていましたが、2歳からは年齢で
言っていたので、私にとっては2歳が一つの目標でもありました。
それが、あと一ヶ月だなんて!
"Almost 2 years." ですよ。
少し大きい子のお母さんに "How old?" と聞くと、たいて
い"Almost 2 years." と言われていました。
息子もそろそろ「大きい子」ですね。
いや、見た目はもう十分に「大きい子」なのですが。
なにしろ、最近一人で体重計に乗れるようになり、(と言っても、体重計
の設定ボタンを押すために乗るだけですが、)はかってみたら、パジャマ
込みで14キロを余裕で超えてました。

最近の息子のテーマは、「家族」なのかな?と思うことがあります。
お気に入りは、旦那さんと私の間に入って、ギュッと挟まれること。
旦那さんと私に握手をさせ、間に入って、みんなでお辞儀をするのも楽し
いらしいです。
寝る時は、寝室に両親とも揃わないと泣きじゃくり、こっそりパソコンに
向かおうとする旦那さんを連れ戻しに行きます。

つい最近、「トイレ」という言葉を理解した瞬間に出会いました。
ウンチのオムツを替えたあと、ウンチを流すために「トイレ行くよ。トイ
レ行こう」と言ったら、一瞬の間をあけて、アッという顔をして、トイレ
に走って行きました。
それからは、「トイレ」と言うと、走って行きます。
トイレ自体にも興味津々なので、春になったらトレーニング?などと、少
しだけ期待してます。

明確に言えるようになった言葉は「おっぱい」です。
とっくの昔に嗜好品になってしまった母乳を求めるため、甘えたい時や喉
が渇いてる時に、「おっぱい」と寄ってきます。
今、一番確実にしゃべれる言葉です。
それ以外では、哺乳類全般が「ワンワン」、電車・バス・トラック等の大
きい乗り物全般が「バシィ」、くらいかな?
旦那さんのマネをして、手に持った物を後ろ手に隠し、「どこ?どこ?な
い!ん?どこ?どこ?あった!」もやってくれます。
こちらの言うことは理解して行動できるけど、言葉はほとんど出ないとい
う、ほとんどサザエさんに出てくるイクラちゃんみたいな感じです。

マネといえば、本当に親のやることをよく見ていて、クイックルワイパー
で床掃除してたり、自分のスプーンで私たちにご飯を食べさせようとした
り、いろいろやってくれます。
困ることもあるけど、見ていて楽しいです。

来月の誕生日は、何をしてお祝いしようかな。
ワクワクしちゃいます。

| | コメント (4)

パンが出来た!!!

20100208bread1週末にパンづくりの本を買いました。
我が家にホームベーカリーなどというものはないので、手ごね専門の本にしました。

そして昨日、息子と一緒に材料を買いに行き、息子のお昼寝開始と同時にパンづくりにチャレンジしてみました。
ここで酵母菌が糖分を分解して、エタノールと二酸化炭素が出来てるんだよね、とか、おーどんどんグルテンが出来てる!とか、普通の人はあまり考えないことを想像しながら、楽しく作りました。

途中で息子が目を覚ますのではないかとドキドキしました。
息子が起きていたってできないわけじゃないけど、せっかく初めて作るんだから、ちゃんと集中して作りたかったんです。
でも、大丈夫でした。
というより、「あとは生地を休ませて焼くだけ」という状態になったところで泣き始め、なんてタイミングの良い子!と思いました。
生地を休ませるためにセットしておいたキッチンタイマーが20分後に鳴ったときに、なんだなんだ?俺の出番か?という顔をして、「にゃに?にゃに?」と言いながら起き出した息子が、なかなかおかしかったです。

写真のとおり、パンらしくなりました♪
絶対に失敗すると思っていたのに、思った以上にちゃんとパンになっていて、とてもビックリしました。
焼きたては最高に美味しかった!
そして一晩経って今朝も食べたけど、少し固くなってたものの、やはり自分で作ったものは美味しかったです。
旦那さんも、昨日の夜食べてくれて、美味しいとほめてくれました。
・・・ただ、息子は食べ物として認識してくれませんでした(;;)
いつかクロワッサンを作ってやる!

はまりそうな予感のする、初めてのパンづくりでした。

| | コメント (2)

二段調理(牛肉ピラフ・ミートボール)

20100205lunch1今日の昼食です。
写真は、息子用に取り分けたものです。
右が牛肉ピラフ、左がミートボール(と小松菜の卵炒め)です。
ピラフとミートボールは、圧力鍋で一気に作りました。

・牛肉(酒を振って、軽く炒めました)、米1合(洗ってざるに上げたもの)、水180mL、固形コンソメ1/2個、塩コショウ少々を鍋に入れる
・ミートボールのたね(合いびき肉200g、玉ねぎのみじん切り100g、パン粉大さじ2、卵大さじ2、塩コショウ少々)を成形して、クッキングシートを敷いた蒸し器に載せる
・5分間加圧後、10分放置

その間に、余った卵液で小松菜を炒めました。

どちらも、息子の好みに合ったみたいで、よく食べてくれました。
写真ではケチャップをかけてますが、結局それは私が食べ、息子はあまりケチャップが付いてないのを食べました。

これもレシピ本を見て作ったのですが、お弁当メニューだったので、今度は朝早く起きて挑戦してみたいです。

| | コメント (2)

手作り味噌を仕込んでみた

20100204miso1難しいんだろうと敬遠していた手作り味噌ですが、どこかの業者の味噌作りセットの広告を見て、とてもやりたくなってしまいました。
といっても、そんなに良い材料を揃える勇気もなく、近くのスーパーで売っている材料でやってみました。

・大豆 200g
・米こうじ 500g
・塩 160g
・大豆の煮汁 350mL

米こうじに書いてあった分量を参考に、作ってみました。
大豆を圧力鍋で30分煮たあと、ハンディーブレンダーで潰しました。
(帰国後、圧力鍋とハンディーブレンダーを買ってから、料理がとても楽しくなりました。)
ネットを検索してみたら、ジッパー付きの袋に仕込むのがあったので、それを真似してみました。
普通に大きな容器に仕込んで重しを載せた場合には、数ヶ月後まで置いておくようですが、この場合は週に一度、袋の向きを変えてやらなければならないようです。

きちんと空気が抜けたとも思えないので、ちゃんとできる自信はないのですが、しばらくは楽しく付き合ってみたいと思います。

20100204mame1 大豆は300gあったので、残りの100gは圧力鍋で下茹でし、片栗粉をまぶして揚げ、砂糖醤油を絡めてみました。
息子が大変気に入ってくれました。
できれば、もっと薄味の脂っこくないものを気に入ってくれると更に嬉しいんだけどなぁ。

| | コメント (2)

二段調理(親子丼など)

20100201nidan1レシピ本を見ながら、圧力鍋で三品作ってみました。
その間に白菜のお味噌汁も作りました。
(塩分が気になるところですが、息子がお味噌汁の具なら、野菜もよく食べてくれるので。)

・親子丼
・豆腐ときのこ蒸し おろしポン酢がけ
・小松菜の桜えびあえ

とっても簡単でした。
・親子丼の卵以外の材料を鍋に入れる
・アルミホイルで包んだ小松菜と、耐熱容器に入れた木綿豆腐&きのこ(まいたけとしいたけ)を蒸し器にセット
・二分加圧→自然放冷
あとは、親子丼に溶き卵を入れて仕上げ、小松菜に桜えびと醤油を加え、豆腐に大根おろしを加えて味ぽんをかければ、それで出来上がり。

期待していなかったのに、親子丼の鶏肉が柔らかくて、普通に作るよりも美味しくて、ビックリしました。

調子に乗って、翌日のお弁当も二段調理したら、ちょっと時間がかかっちゃいました。
忙しい時には、なれないことをしてはいけませんね^^;

| | コメント (2)

もう二年!あと一年!

気がつけば、産休に入ってから、丸二年が過ぎました。
早いような、遅いような。
自分がフルで仕事をしていたなんて、信じられないなぁ。
帰国してから、周りの人には職業は言ってないし、そもそも勝手に専業主
婦だと思われているし、自分でもたまに勘違いしそうです。

復帰まで、あと一年と少しになりました。
仕事の勉強をしとかなきゃ、とも思うけど、なんとかなるだろうなぁとも
思ったりして。
本当に高校現場に戻れるかどうかも怪しいし。
戻りたいけど。
復帰はたぶん3月14日になるけど、学年末考査も終わって授業はゆっく
りしてる頃だと思うし、それから月末までを勉強の時間に充てればいいだ
ろうなどと、甘く考えています。

あと一年で何がやりたいかと考えたら、「食」に関することばかり思い浮
かびました。
並べてみると、
・圧力鍋をマスターしたい。特に二段調理!
・味噌作りに挑戦したい。
・梅干し作りに挑戦したい。
・パン作りに挑戦したい。特に、息子の大好きなクロワッサン!
・豆腐も手作りしてみたい。
今書いてみて、「圧力」「発酵」「浸透圧」「コロイド」などのキーワー
ドが浮かんできて、やっぱり教科に繋がってるじゃん!という気もしてき
ました(^^;;
圧力鍋は、復帰後の食事のことも考えているんだけど、それ以外は、授業
でネタにできたら面白そうという気持ちが強いかな。

味噌については、今日、初挑戦しました。
うまく行きそうな気はしないけど、それでもワクワクします。
何と言っても、自分の中では実験という扱いなので、失敗しても、原因究
明という楽しみが増えるだけだったりします(^^;;
詳細はまた後日。

| | コメント (2)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »