« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

心拍確認!

今日は、旦那さんが出勤を遅らせて、病院に付いてきてくれました。
最終月経から数えて、7w4d。
診察室へは、親子三人で入ったけど、息子が泣くので、内診室には私一人で入りました。
超音波の画像を見たら、大きな胎のうは分かったけど、中が真っ黒に見えて、流産を覚悟しました。
でも、次の瞬間に、ぼんやり白い塊が。
そして、ぼんやりとですが、その塊の中に動くものが見えました。
心拍でした。
予定日を確定させるのは、もう少し先だそうです。
でも、とりあえず心拍が見えて、ホッとしています。

終わってから、旦那さんが「自分も(心拍を)見たかったなぁ」とつぶやいていましたが、その声は喜びに満ちていて、私も嬉しくなりました。
できれば、一緒に見たかったけど、私が内診室に消えて不安なのを、旦那さんにしがみついて我慢していた息子を思うと、仕方ないですね。
旦那さんも、頑張っている息子の姿が見られたから、それはそれで良かったと言ってました。

その後、みんなでスタバに行きました。
私は、デカフェのドリップコーヒーを頼みました。
できるまで時間がかかるけど、これならちゃんとコーヒーの味がするし、とても良いです。
妊婦さんになったのだなぁと、思いました。

まだまだ安定期までは時間があるけど、このまま無事に過ごせるようにと願っています。

| | コメント (4)

心配の種は尽きない。


今回の妊娠も食べづわりらしく、コマ切れに食べないと気持ち悪くなってしまいます。
特に、しょっぱいものが食べたくて、塩分過多が気になります。

昨日、産婦人科を初めて受診してきました。

エコーの画像を見た瞬間に、胎のうがハッキリ見えました。
最終月経から数えると、6w3dでしたが、胎のうの大きさは7wくらいだと言われました。
ただ、大きく見える胎のうの中は、真っ黒。
この時期に見えても良いはずの胎芽が見えませんでした。
「うまくいけば、心拍の確認もできるかも。最低、胎芽は見えるよね」と思っていた私は、赤ちゃんが育っていないのだと思い、流産を覚悟しました。
でも先生は、「大丈夫な可能性はけっこう高いよ。つわりがしっかりある人は、ちゃんと妊娠してることが多いです」という内容のことを言われました。
正確に何と言われたか思い出せないのですが、流産の可能性はあまり高くなさそうな口ぶりでした。
産婦人科の初診といえば、ネガティブなことを言われることが多いと思っていたのに、ポジティブなことを言われ、頭の中が???になりました。
一週間後の再診まで不安で押しつぶされないように、前向きなことを言われたのだと思いました。
旦那さんにも、「ダメかもね。袋は見えたけど、赤ちゃんは見えなかった」と伝えました。

しかし、ダメ元でネットを検索してみると、6wで胎芽が見えないことはけっこうあって、その後、無事確認されることも多いということが分かりました。
しかも、胎のうが大きくハッキリ見えた人に、その可能性が高そうです。
てっきり、「胎のうが大きい=週数が経過している→胎芽が見えないのはおかしい」と思っていたので、びっくりしました。

期待してて良いのかな?
ダメだと思い込んでいて、旦那さんには「ダメかも」と伝えたけど、旦那さんにも診察室に入ってもらって、一緒に話を聞いてもらえば良かったです。
今度、付いてきてくれるのなら、受付で、一緒に入らせてもらえるか聞いてみたいと思います。

宙ぶらりんの一週間です。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »