育児

二語文しゃべった!

さっき、息子が初めて二語文をしゃべりました!
「うんち、出た。」
あっそう、うんち出たのねぇ、えっ?今何て言った?!って感じで、母さんはびっくりしましたよ(^^)

お昼寝から起きてきて、うーんうーんと唸ったのでオムツを開けたら、大きいうんちが出ていて、オムツを替えてあげました。
その時、全部すっきり出ていないようだったので、「また出たら、『うんち、出た』って言ってね。替えるからね」と言いました。
だから言えたのだと思います。

しばらく感動に浸っておきます(^^)

| | コメント (2)

ちょっと早いけど、母の日

Mothersday1 今朝、旦那さんがトイレットペーパーを買いに行ってくれました。
旦那さんが出て行こうとする姿を見て、息子も行きたがったので、一緒にホームセンターに連れていってもらいました。

しばらくして、インターホンが♪ピンポンピンポン♪と鳴るので、あぁ帰ってきたのねと出てみると、そこには赤いカーネーションを持った息子が立っていました。
そして、「どうぞ」をしてくれました。
もう、母さんはうるっときましたよ。
ちょっと前に、旦那さんから「母の日のプレゼントは何が良い?」と聞かれて、「息子からカーネーションを一輪手渡しされたら、もう最高だと思う」と答えてたので、とっさに仕込んでくれたようです。

また、カーネーションの写真はアップしたいと思いますが、ちょっとした鉢植えっぽくなっていて、しばらくは楽しめそうな感じです。
初めての、最高のプレゼントでした。

| | コメント (2)

腹が決まりました。

朝、旦那さんと話しました。
旦那さんは、息子の気の済むまで母乳を飲ませてあげた方がいい、と言ってくれました。
そう言ってくれたことで、すごく気が楽になりました。
自分一人で決めるのは、荷が重過ぎました。
息子には、思う存分、母乳を飲ませてあげたいと思います。

実は、お昼寝の時の授乳を止めようと思って、乳首に絆創膏を貼ったことがあったのですが、その時の息子の反応が、見ていてとても切なかったんです。
泣きわめくかと思ったのに、全然泣かず、一度はおっぱいなしで寝ようと試みたんですよ、息子本人が。
でも眠れなかったみたいで、絆創膏を恨めしそうに見ながら、ちょっとずつ10分くらいかけて、ゆっくり端から剥がしていきました。
そして乳首が現れると、無表情で飲み、眠りました。
それからしばらく、母乳への執着が強かったと思います。
そんなに好きなら、やはり存分に飲ませてあげたいです。

| | コメント (2)

おとうさんも、ばーばー!

今日(もう昨日だけど)、息子が「ばーばー」と言いながら、旦那さんを追いかけて行ったので、どうやら「とうさん」も「ばーばー」のようです。
旦那さんの姿が見えなくて、探している素振りを息子がしたので、「お父さんはトイレよ」と言ったら、トイレの方を向いて「ばーばー」と走って行きました。
「とうさん」と「かあさん」、どちらを先に言うのかと思ってたら、思いがけず同時でしたw
これほど、子どもをかわいがって、面倒も見てくれる父親は滅多にいないはずだし、そこのところを息子もよく分かっているのかもしれません。
(オムツ替えて、服を着替えさせて、髪を切って、爪を切って、いっぱい遊んでくれるお父さんは、まれでしょ?)

| | コメント (2)

ばーばー!

ご無沙汰してます。
息子は、日々成長してるけど、書くのが追いつきません。

最近、私の方を向いて「ばーばー」と言うことがあり、旦那さんが「呼んでるよ、『ばばぁ』って」とネタにしてました。
でも、私の顔を見ながら、呼びかけるように何度も「ばーばー」と言い、どうやら、本当に私のことを呼んでるのだということに、さっき気づきました。
「ばーばー」は「かーさん」のつもりなのでしょう。
満面の笑顔で「ばーばー」と言う息子は、かわいいく、呼んでくれるのは本当にうれしいのですが、まだまだ若いつもりの母は、ちょっと微妙な気持ちです。
「あーあ、やっちゃった」「おはよう」「よいしょ!」などを、あれだけハッキリと感情豊かに言えるなら、「かーさん」も言えそうなのにね。

でも、やっぱりうれしい私でした(^^)

| | コメント (4)

二歳の誕生日

息子がめでたく二歳になりました!

ずっと前から、誕生日には何をしようかと考えてきたけど、あんまり何もできませんでした。
昨年は、誕生日のために、わんわん&うーたんの形のご飯を作り、「日本にいたら、いろいろな道具が揃っていて、こういうのが簡単にできるのに」と思いました。
だから、今年はいろいろな道具を揃えて、いろいろな形を作りたかったんです。
でも、道具を使いこなす前に誕生日が来て、バタバタしたこともあり、大したことはできませんでした。
少しずつ、腕を磨こうと思いました。

今日のメニューは、赤飯、かぶのみそ汁、ブリの塩焼き、鶏の唐揚げ、ポテトサラダでした。
ブリの塩焼きは、息子が待ちきれなくて、ハッピーバースデーの歌をうたってる時には、すでに食べ始めてました(^^;;
大好きなものばかりで、よく食べてくれたのは良かったのですが、ちょっと地味な食卓でした。
赤飯には、海苔でアンパンマンの顔を描いてみたけど、めっちゃ地味だったし。
しかも、赤飯は、冷めると固まってしまって、息子には食べ辛かったようで、少し残念でした。


バースデーケーキは、町のケーキ屋さんに注文しました。
どうせ息子は食べないので、せめて目で喜んでもらいたいと思い、キャラケーキが良いと思っていました。
でも、そのケーキ屋さんではやっていなくて、ただのイチゴのケーキにしました。
でも、これがメチャクチャ美味しくて、大ヒット!
最近ずっと食べたいと思っていた、ふんわり柔らかいイチゴのショートケーキでした。
見た目も、パティシエさんがチョコで少しだけ飾りを加えてくれていて、思ったよりもずっとおしゃれになってました。
個人的には、またここでお願いしたいと思いました。

夕方、私の両親から、誕生日プレゼントが届きました。
日本昔ばなしの絵本セットです。
夜、Skypeで話をした時には、息子は超ご機嫌で、たくさん笑顔のサービスをしてました。
最後におじきしたりして、どこで習ったの?と聞きたくなりました。


まだまだ、書きたいことはあるけど、今日はこの辺で。

| | コメント (9)

パンづくりサークルと初めての託児

いつも公民館の横にある公園で息子を遊ばせるのですが、先週、ふと思い立って、公民館の中に入ってみました。
最近、ずっと場所見知りが激しくて、なかなか息子が知らない建物の中に入れなかったのですが、この日は大丈夫でした。
大きくなって、周りの様子が分かるようになってきたからかな?
公民館の中には、パンづくりサークル(託児つき!)の会員募集チラシが置かれていました。
一日迷った後に連絡をとってみて、息子が泣いて手に負えなくなったら帰るという条件で、行くことにしました。
絶対に最後までいるのは無理だろうなぁと思いましたが、他の人がパンを作っている様子を見たかったので、まぁ行くだけ行ってみるかって思いました。

そして今日、サークル体験に行ってきました。
始まって1時間くらいは息子の泣き声が聞こえてきたのですが、そのうち聞こえなくなりました。
いつ呼ばれるかと思っていたので、泣き止んだだけでも、私は感激。
そして、2時間経って部屋を覗いてみたら、ニコニコ笑顔で遊んでました。
もう、大感激!!!
私が知らないうちに、息子は大きくなってたんですね。
後で聞いたら、少し大きい子の真似をして遊んでいたそうです。
「一人遊びがとっても上手ね」と言われました。

20100301 作ったのは、ごまパンとチーズパンでした。
自分で作ったのよりも柔らかくて、とても美味しかったですよ。
同じテーブルで2つのボールを使って生地を作ったのですが、同じようにやったつもりでも、出来上がりに差がありました。
ちょっとした加減で、感じが変わることが分かりました。
家でもやってみなくちゃね。

試食の時には息子も連れてきたのですが、全く食べてくれませんでした・・・。
盛んに「おいしぃ」「おいしそー」と言ってたけど、断固拒否でした。

片付けのためにもう一度預けて、また迎えに行ったら、預かってくれてた人に抱っこされていましたw
ちなみに、今日預かってくれた人は、サークルの会員だそうです。
プロでもない人にちゃんと預かってもらえたというのは、とても勇気が出ました。
来年度は、保育園の一時保育も試してみようと思います。

サークルは月一回だそうなので、しばらく行ってみることにしました。
そのうち、託児の当番も回ってくるのですが、まぁ何とかなるでしょう(^^)

結局、帰りに息子は寝てしまったので、お昼抜きになってしまいました。
1時間くらい泣いていたので、疲れたのでしょうね。
そして起きてからは、いつもより寂しがりになったみたいで、私がトイレに行っただけでも泣いちゃいます。
それは仕方ないのかもしれません。
今日はいつもよりたくさん抱っこしてあげよう。

<追記>
持ち帰ったパン、翌日食べても、お店のパンみたいに柔らかくて美味しかったです☆

| | コメント (4)

えーっと

今日、息子の口から新しい言葉が飛び出しました。
「えーっと」
誰の真似ですか?!
あまりにハッキリと、ちゃんとした場面で使うので、笑っちゃいました。
お父さんの真似よ、と旦那さんには言ったものの、よく考えたら私のような・・・。
まっ、どっちでもいいんですけどね。

昨日も言葉の話を書きましたが、今日、改めて息子の言うことを聞いてみると、まだ書き落としていたものがいくつかありました。

「おいしそう」「おいしい。おいしいよぉ」「おいしかった」は、食べ物を見たらとりあえず言います。
でも本当に食べるかどうかは別です。
また、本に載っている食べ物のイラストや写真を見た時も言います。どちらかというと、私たちに「おいしい」という言葉を教えてくれてる感じで、語りかけるように言いますw

「アンパン(マン)」は、アンパンマンに出てくるキャラクター全般を指すようです。
食パンマンもドキンちゃんもすべて「アンパン(マン)」です。

「な、な、ばあっ」は、いわゆる「いないいないばあ」をするときに言ってくれます。
「ばあっ」だけだと、息子が一番好きなNHKの子ども番組「いないいないばぁ!」のことです。

「てんてぃん」は、ペンギンのことです。
テレビにペンギンが登場すると、ピョンピョン跳ねながら、「てんてぃん!」と叫んでます。

「(おし)まーい」は、ずっと何を言ってるのか分かりませんでした。
子ども番組のビデオが終わったあと、「まーみ。まーみ」と言うなぁと思っていたのですが、それが「おしまい」だと気づいたのは、つい最近のことです。
こうやって挙げてみると、いろいろ言ってますね。

最近は、こちらが「開けて」「閉めて」と言えば分かるので、たいへん助かっています。
ちょっと手が離せない時に「そのドア閉めて」と言うと、ちゃんと閉めてくれます。
少しずつできること、分かることが増えてきて、お手伝いができそうな感じです。
えーっとw、そういえば今日は洗濯物をしまう手伝いをしてくれました。
私たちがたたんだものを、息子が持っていってくれました。
入れた位置はデタラメでしたが、ちゃんと引き出しを開けて、しまって、閉めてをやってほめられたら、とても嬉しそうにしていました。
ずいぶん、人間らしくなりました。

| | コメント (2)

1歳11ヶ月(23ヶ月)

息子が、昨日で23ヶ月を迎えました!
某国では、1歳台は通算の月齢で言っていましたが、2歳からは年齢で
言っていたので、私にとっては2歳が一つの目標でもありました。
それが、あと一ヶ月だなんて!
"Almost 2 years." ですよ。
少し大きい子のお母さんに "How old?" と聞くと、たいて
い"Almost 2 years." と言われていました。
息子もそろそろ「大きい子」ですね。
いや、見た目はもう十分に「大きい子」なのですが。
なにしろ、最近一人で体重計に乗れるようになり、(と言っても、体重計
の設定ボタンを押すために乗るだけですが、)はかってみたら、パジャマ
込みで14キロを余裕で超えてました。

最近の息子のテーマは、「家族」なのかな?と思うことがあります。
お気に入りは、旦那さんと私の間に入って、ギュッと挟まれること。
旦那さんと私に握手をさせ、間に入って、みんなでお辞儀をするのも楽し
いらしいです。
寝る時は、寝室に両親とも揃わないと泣きじゃくり、こっそりパソコンに
向かおうとする旦那さんを連れ戻しに行きます。

つい最近、「トイレ」という言葉を理解した瞬間に出会いました。
ウンチのオムツを替えたあと、ウンチを流すために「トイレ行くよ。トイ
レ行こう」と言ったら、一瞬の間をあけて、アッという顔をして、トイレ
に走って行きました。
それからは、「トイレ」と言うと、走って行きます。
トイレ自体にも興味津々なので、春になったらトレーニング?などと、少
しだけ期待してます。

明確に言えるようになった言葉は「おっぱい」です。
とっくの昔に嗜好品になってしまった母乳を求めるため、甘えたい時や喉
が渇いてる時に、「おっぱい」と寄ってきます。
今、一番確実にしゃべれる言葉です。
それ以外では、哺乳類全般が「ワンワン」、電車・バス・トラック等の大
きい乗り物全般が「バシィ」、くらいかな?
旦那さんのマネをして、手に持った物を後ろ手に隠し、「どこ?どこ?な
い!ん?どこ?どこ?あった!」もやってくれます。
こちらの言うことは理解して行動できるけど、言葉はほとんど出ないとい
う、ほとんどサザエさんに出てくるイクラちゃんみたいな感じです。

マネといえば、本当に親のやることをよく見ていて、クイックルワイパー
で床掃除してたり、自分のスプーンで私たちにご飯を食べさせようとした
り、いろいろやってくれます。
困ることもあるけど、見ていて楽しいです。

来月の誕生日は、何をしてお祝いしようかな。
ワクワクしちゃいます。

| | コメント (4)

アトピー?!

後半は、愚痴になりました。
すみません。

息子の体のあちこちに湿疹が出てしまい、病院に連れて行くことにしました。
ネットの口コミ情報を見てたら、わりと近くに、アトピーの治療に定評があって、幼児もよく診てくれるという皮膚科があるみたいだったので、そこに行くことにしました。
他では治らなかったのが、そこに通ったら治った、というような書き込みをちらほら見たし、遠くから通う人も多いみたいだし、アトピーかどうか分からないけど、最初から行っとくかって感じで決めました。

行ってみて思ったけど、他では治らなかったけど・・・ってことは、他とは違う治療をするってことなんですよね。
私は、ステロイドは正しく使えば怖くないと思っているのですが、その病院ばステロイドを使わない主義のようです。
その分、いろいろと細かい指示が出ました。
うへーっ、大変そう!でも、ここに来たのも何かの縁なので、頑張ります。

結局、「これは『アトピー皮膚』って言うんだよ」と言われました。
アトピーって、いまいちよく分からないけど、大変そうなイメージです。
でも、「今までほとんとステロイドを使ってないし、これは早く治るよ」と言われました。
そうだと良いです。

「ボリボリかくってことは、この子の生活がこの子に合ってないってことだよ。」
確かにその通りです。
「お風呂は三日に一度。洗剤は使わず、お湯で洗う。こすらずに、押す感じで洗う」
えっ???
某国にいた時も「二日に一度」と言われたけと、三日ですか?って感じ。
とりあえす、二日に一度で様子をみるつもりです。
いつもベビー用のボディーシャンプーを使ってたけど、これも止めてみます。

他にもたくさん言われたけど、付け足しの様に言われた「ボリボリかくのは、精神的なものもあるんだよ」に、少し心当たりが。
前からボリボリかいてたけど、皮膚がひどくなるほどになったのは、先週くらいから。
実は、先々週の終わりに旦那さんとケンカして、それからちゃんと仲直りしてないんです。
まだまだ小さいけど、息子なりに心配してるのかな、なんて思ったり。
ていうか、絶対に心配してると思います。
昨日も、旦那さんと私を並んで座らせて、二人の手を合わせて、ニコッと微笑んで見せてくれました。
たぶん、旦那さんに触れたの一週間ぶりくらいだったと思います。
なんだか泣けてきました。
まだ2歳にもなっていないのに、こんなことを考えられるんだよなぁって。

ごめんね。
お母さんにとっては、あなたもお父さんも今まで通り大事な人だからね!

ケンカしてから何度も自問自答してみたけど、私、旦那さんが怒っている姿を見るのが耐えられなくなったようです。
そんな理由で(私に対してだけでなく、他人に対しても)怒るのはおかしいと言っても全く理解してもらえず、理解してもらうのは無理なのだと何年も前に頭では諦めたはずなのに、心の奥底では納得できてなかったみたいです。
旦那さんが怒りそうなシチュエーションを避けたり、旦那さん以上に怒ってみせて主導権を握ったり、いろんな方法で避けようとしたけど、幼い子を抱えて避けられなくなってきたからかもしれません。
ケンカした後の話だけど、電停でベビーカーで他人の足をひいた時に「あなたが足を引けば良かったんだ」と怒ってました。
旦那さんの言い分はもっともで、その人はベビーカーが来たのに無視するような思いやりの無い人だと思うけど、やっぱりそこは「ごめんなさい」だと思うんです。
それが、旦那さんには理解できないし、私にはなぜ理解出来ないのかが分からない。

ケンカしてから、あたたかい時間がない代わりに、怒りをくらう時もありません。
しばらくはこのままで良いかも、少しずつ変わっていければ良いかもと思ってたけど、息子が体調を崩すほどなら、考えなければ。
旦那さんも、今までやっていた家事も、息子にかかわること以外はほとんどやらなくなったので、何か思うところがあるんだろうし。
どうしたらいいんだろう。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧